青木敦子の公式ホームページはこちら>>
イタリア料理教室隔月開催、申し込み随時受付中!

2009年12月20日

仕事再会・お料理教室

今日から、お料理教室が始まりました。
今日は中級クラスの6回目。最後の回でした。
ラザニア・プロフィットロールなどを作ったので、いつも以上に時間がかかってしまいましたが、皆さんとゆっくりとお話をする事が出来ました。
 
お教室の最中に、スペインのお話を色々とさせて頂きました。
マドリッドでは、平日は、お料理教室→語学学校→お料理学校
のような生活をして、土・日は観光をして、本当に慌ただしかったです。
というお話をしたら、皆さん、『その姿が手に取るように解るわ〜』と笑っていらっしゃいました。。。
 
私は、どこに行っても、常に『弾丸ツアー』をしてしまうんですね(笑)
 
今は上級クラスはやっていないので、中級で終わりですが、今後も、皆さんで旅行に行ったり、遊びに行ったり、お食事会をしたりと色々な企画を続けて末永くお付き合いしていきたいですね。
 
近隣への、食べ歩き海外ツアー(2泊3日くらいで)、来年は実現させますね。
決まりましたら、ご案内させて頂きま〜す!!
 
 
 
 
posted by akoa at 02:27| Comment(2) | TrackBack(0) | イタリア料理教室

2009年12月18日

スペインから無事帰国しました

1ヶ月のスペイン滞在もあっという間に終わり、本日帰国しました。
途中からパソコンも機能しなくなり、メールのやり取りやブログの更新もできなくなったり、携帯も時々機能しなくなったり・・・と連絡が取れない状態になり、『大丈夫ですか?』とか『何かあったんですか?』とか色々と連絡を頂いて。。。すみません。
有難うございました。
何事もなく、無事に充実した日々を送っていました。
1ヶ月間、本当に慌ただしく、この所、ローマ乗換えだったので、3カ月続けて1ヶ月毎にローマのフュ―ミチーノ空港に立ち寄っているので、何だか色々な事がフラッシュバックして、時間の経過があっという間だったような気もするし、ものすごーく長かったようなきもするし。。。何だかわからなくなってしまいました。
 
でも間違いなく充実した日々でした。
 
語学を覚えたかったら、やはり現地に飛んで、毎日接する事が手っとり早いですね。
 
スペインで起きた出来事、行った場所、お勧めのお店など、思いだしながらブログを更新していきたいと思います。
 
今日は久しぶりに自分のベットでぐっすり熟睡したいと思います。 
 
posted by akoa at 00:42| Comment(2) | TrackBack(0) | スペイン滞在日記

2009年12月04日

スペイン時間

スペイン人は1日に5回食事をする習慣があるようです。
それぞれ食事の呼び方も違って、
朝食がDESAYUNO、COMIDA,MERIENDA、CENAなどと呼ばれています。
今日の授業で、21時の時間表示の時に『NOCHE(夜)』と言ったら、『21時はまだ午後の挨拶の時間帯なので、午後の挨拶でTARDEだ』と注意されました。
夜ごはんはだいたい夜の9時からで、お店も8時半くらいから開いたりします。
国によって時間の感覚が違うので、面白いですね。
posted by akoa at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン滞在日記

2009年12月03日

マドリッドのイルミネーション

日本では、今年は原宿のイルミネーションが復活して、色鮮やかに街をにぎわわせていると聞きました。
マドリッドは。。。というと。。。あまり夜は出歩いていないので・・・あまりイルミネーションを目にしてはいないのですが、今年はマドリッドも財政難で、いつもに比べてにぎわいが少なかったり、点灯時間が短いようです。
この前待ち合わせたSOL駅の広場プエルタ・デ・ソル緑色の高いツリーがランドマークになっていました。
.j
 
      C^AcA[ 403.jpg
プエルタ・デ・ソル広場はスペイン各地へ延びる国道の、起点になっているそうです。
 
マヨール広場には、クリスマスグッズが売っている市が広場中に所狭しと並んでいました。
一角にはメリーゴーランドがあり、フィレンツェのレップブリカ広場を思い出しました。 
   C^AcA[ 404.jpg   C^AcA[ 405.jpg              
至る所でクリスマスグッズが売っていて、日本では見慣れない珍しいものがたくさんあるので、目移りしてしまいますが、色々と厳選して。。。買って帰りたいと思います。
クリスマスまで滞在出来ないのは残念ですが・・・
充分雰囲気を満喫出来たので、クリスマス本番は、日本で楽しく迎えたいと思いま〜すクリスマス 
 
 
posted by akoa at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン滞在日記

まるでベネトンのCM??

同じクラスのオーストラリア人の女性が今週いっぱいだと言う事で、学校の後、6人で学校の近くのBARに行きました。スエーデン、イタリア、ロシアとみんな違う人達の集まりなので、まるでベネトンのCMのようだね。と言う話になり、ベネトンは色々な国で同じCMを流しているんだな〜と妙な所で関心してしまいました。
とても異色な組み合わせ?でとても貴重な経験でした。
 
その後、イタリア人の友達に誘われ、オペラ駅と王宮の近くのBARに行きました。
そこは、イタリア人の友達が同居?居候?しているスペイン人が経営しているお店で、お友達の誕生パーティをやっていました。
カンツォーネとも違うし、パドとも違うけど熱唱して盛り上がっていました。みんなの掛け声は『オレ〜』という声で横ではフラメンコのような感じのものを踊っている人もいて、とても活気がありました。
みんな明るくて、イタリア後を話せるスペイン人が何人かいて、とても楽しかったです。
 
 
posted by akoa at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン滞在日記

マドリッドの市場

スペインに着いた翌日は、朝からマドリッド市内の探索に行きました。
 
GOYAと言う所にある、地下鉄のベラスケス駅の目の前のホテルに宿泊していたので、まずはベラスケスにあるラパス市場に行ってみました。
野菜や果物がとても綺麗に整列していて、とても洗練されているのです。
イタリアの市場とは雰囲気も違っていました。
置いてある野菜や果物やお魚やお肉もとても新鮮で、日本の高級スーパー顔負けのいで立ちで
思わず写真に収めたくなります。
毎日スーパーに通っているのですが、本当に面白くて、私にとってのアミューズメントパークはスペインを離れるまで飽きることなく毎日楽しませてくれる事でしょう。
   C^AcA[ 363.jpg   C^AcA[ 369.jpg
右側の写真の手前に並んでいるのは、ピラミッドに積まれたサクランボです。
そう言えば、GOYA駅の近くにはバカラオ専門店がありました。
イタリアでもよく食べられているバカラ(鱈)は私も大好きなのですが、イタリアではお魚屋さんの一角に置かれている代物で、専門店を見たのは初めてでした。
こちらにきてからも何度かバカラオを食べているのですが、堪能して帰ろうと思います。

 
夕方にマヨ―ル広場の近くにあるサン・ミゲル市場に行きました。
土曜日と言う事もあって、凄い人でした。
まだ行っていないのですが、サン・ミゲル市場の中のチョコレート屋さんのホットチョコが美味しいらしいので、帰るまでには飲みに行ってみたいとおもいます。
posted by akoa at 03:36| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン滞在日記

2009年12月02日

スペインのテレフォンカード

電話をかけようと思って、キオスクで5ユーロのテレフォンカードを買いました。
公衆電話からかけようとしたら、電話には、そのカードを入れる場所がどこにもないのです・・・・
どうして??
と不思議に思って、途方に暮れてしまったので、キオスクのお兄さんに『どうやって使うの?』と聞いたら、
『カードの裏側の真ん中の部分をコインでこすってこのカードの番号を出して、カードの上の方に書いてある番号1551に電話をして、1番を押して、その後に、自分のカードの番号12ケタを押して、つながったら、相手の番号を押してください』と言われ言われるとおりにかけてみました。
 
なんて面倒くさいんでしょう!!偽装カードを防ぐための方法らしいのです。
スペインは色々と徹底していて、クレジットカードを使う時には必ずと言っていいほど、IDカードかパスポートのような写真付きの身分証明書を提示しなくてはいけないのです。
それに必ず目の前でカードを切ってくれるので、レストランなどでお会計をお願いして、カードを出すと『ちょっとまって』と言って機会を持ってきて目の前でカードを切って、サインするしくみになっているのです。
街中は聞いていたのとは違って治安もいいし。。。地下鉄なども綺麗だし。。。
私の中では安全な場所という意識に変わっています。
オリンピックの候補地に名乗りを上げていたので、常に警官が回っていたり、色々と改善されたようです。
 
国ごとによって色々と違った特徴があって面白いですね。
他にも色々と探してみようと思います。
 
 
posted by akoa at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン滞在日記

チュロス&ホットチョコレート

今日はバルで朝ごはんを食べました。
スペイン人は1日5回食事をする習慣があるそうです。
 
隣で食べている人を真似して。。。
チュロスとホットのチョコレートドリンクを注文しました。
日本で飲んでいるココアとは違った、凄く濃厚でドロっとしているのです。
甘くないので、自分でお砂糖を入れて甘さを調節します。
揚げたてのチュロスをチョコレートドリンクに浸けながら食べるのが本当の食べ方のようです。
私は1個しか注文しませんでしたが、となりのおじさんは5〜6個食べていました。。。
朝から。。。揚げ物なのに。。。凄いですね!!
     C^AcA[ 399.jpg
スペイン人の生活をちょっと垣間見た一コマでした。
posted by akoa at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン滞在日記

バル巡り

月曜日は語学学校のあと、20時にSOL駅で待ち合わせをしてBAR巡りに連れて行って頂きました。
連れて行って頂いたご夫婦はマドリッドにきてから半年。
勝手が違うヨーロッパで、大変ながらも楽しんでいらっしゃるようです。
今回は本当に色々とお世話になっていて、お二人のお陰でとても心穏やかに、そして心強くマドリッド生活を送らせて頂いています。
 
旧市街地のマヨ―ル広場を抜けた所にある市場の中のバルで、タパスト煮込みと食べながら、ビールで乾杯しました。
マドリッドに来て、夜遊びに出たのは初めてだったので、とてもウキウキして楽しくて嬉しくなりました!!
続いてはマッシュルームの詰め物が名物で有名なバルに連れて行ってもらいました。
食べるのがちょっと難しかったですが、とても美味しかったです。
 
続いて、ひこいわしのフリットが名物で有名なお店に連れて行ってもらいました。
こちらのフリットも美味しかったです。
 
地元でも有名なお店なので、週末だったら、いっぱいで入れないようなのですが、月曜日だったので、ラッキーにも入る事が出来ました。
 
地元っ子になった気分でなんだかとても楽しかったです。
素敵なBARデビューでした。
posted by akoa at 04:14| Comment(2) | TrackBack(0) | スペイン滞在日記

スペインでのお料理教室

月曜日は、お料理教室に連れて行って頂きました。
うなぎの稚魚を使ったサラダとエビを使ったカクテルと鶏肉のチリンドロンという煮込み料理の3品を習いました。
スーパーでたくさんうなぎの稚魚が売っていて、良く目にしていたのですが、本物はとても高価であまり出回っておらず、スーパーなどで普通に売っているものは、フェイクだそうです。
 
チリンドロンとはトマトとピーマン・パプリカを煮込んだ物の事だそうです。
赤ワインを飲みながら、美味しいお食事を頂き、話に花が咲き、とても楽しい時間を過ごす事が出来ました。
 
その後、ほろ酔い気分で語学学校へ行きました。
先生の行っている事は解るし、質問も解って、問題を解いたり、答えたり、書いたりは出来るのに、しゃべれない・・・・
言いたい事、伝えたい事がたくさんあるのに・・・
なんかとってももどかしくって、悲しくなります。
でも日本にいて1週間に1回とかのペースで通って勉強するよりも1週間でも2週間でもいいから現地にきて耳で聞いて、音に慣れて、スペイン語だけの環境の中にいると習得が早いなあ。と実感しています。
今回は3週間だけの語学学校だけど、本当に有意義で、今後のスペイン語のお勉強のとても良い足がかりになりました。
1日4時間の語学学校は進むペースが速いので、予習・復讐・宿題が大変ですが、少しずつ、覚えていったり、理解出来る事が嬉しくて、とても楽しくてしょうがありません。
残りの2週間でどこまでしゃべれるようになるかとても楽しみです。
楽しみながら、ちょっと頑張ってみようと思いま〜す!!
posted by akoa at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン滞在日記

アランフェスに行ってきました。

日曜日は前日とはうって変わって雨が降っていました。
ヨーロッパの朝は暗いのに、輪をかけて窓の外はどんよりしていて、家を出るのがちょっとおっくうだな〜と思いながら、家を出て、アトーチャ駅に到着しました。
AVEの切符売場で、『往復のアトーチャ行きを下さい』と言ったら、『普通列車なので、普通の窓口で切符を買ってください』と言われ、窓口で往復の切符を買って、7番のホームからアランフェスに向かいました。
アトーチャ駅から45分で到着しました。
駅を出たら、本当に何もないので、びっくりしました。
お店も1件もなく、目的地の王宮まで10分くらい歩くのですが、その間1件もお店がありませんでした。
王宮は、スペイン王家の別荘だった場所です。
   C^AcA[ 394.jpg   C^AcA[ 395.jpg
王宮の中はとても素晴らしく、さまざまな素晴らしい調度品とお部屋がありました。
ヨーロッパ独特の部屋やアラブのイメージの部屋や中国をイメージした部屋など部屋ごとに特徴があり、素敵でした。
フィリペ王子やクリスティーナさんやエレーナさんの結婚式の時に使用したウエディングドレスなども展示してありました。
庭園も素晴らしく、庭園も散策しました。
落ち葉が一面、絨毯のように敷き詰められていて、人の姿もほとんどなかったので、歩くたびにキシッ、キシッと奏でる音が妙に心地よかったです。
庭園の中にはカモやリスやクジャクなど色々な動物が水を飲んだり、木の実を食べたりしていました。
マドリッドから日帰りで簡単に行けるので、お勧めスポットの1つです。
 
レストランで、ゆっくりご飯を食べて、16時頃にマドリッドに戻ってきました。
マドリッドに到着した頃には雨もやんでいました。
 
   C^AcA[ 398.jpg
プラド美術館はアトーチャ駅からも歩いて行けるので、プラド美術館まで足を延ばしてみました。
日曜日は17時から無料で見学出来るので、人がたくさん並んでいました。
私も列に加わって、10分くらい並んで、チケットをもらって、中に入りました。
平日も18時〜20時まで無料で見れる見たいですので、時間がある方は、夜に鑑賞して、心地よい疲れの後に美味しく食事をするのもいいかも知れませんね。
名画を所有している数が半端じゃないので、全部見つくすのは1日では無理でした。
取りあえず、ベラスケスやゴヤやルーベンスなど有名な画家達を優先的に見て回りましたが、2時間ぐらいで、足が棒のようになり、疲れたので、諦めて帰路へ着きました。
 
家に戻ってから、語学学校の宿題と予習をしていたら、知らない間に深い眠りについていました。
 
posted by akoa at 03:43| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン滞在日記

2009年12月01日

コルドバに行ってきました

アンダルシア地方にあるコルドバに行ってきました。

持ってきたガイドブックにはチャルマンティン駅から出発と書いてあったので、チャルマンティン駅に行ってみたら、アトーチャ駅発だと言われ、アトーチャまで移動してAVEに乗って、世界遺産の1つであるコルトバに到着しました。ガイドブックが間違ってはいけませんね〜!

駅から少し歩いて、まわれる距離なのですが、道が入り組んでいて迷子になってしまいました。とにかく解りにくい。。。

アルカサールは14世紀前半にカステーリャ王国のアルフォンソ11世によってイスラム追うの宮殿跡に建てられたゴシック様式のお城で、モザイクがきれいに残っていて素敵でした。新大陸発見の航海に出発する前にコロンブスが資金調達のために女王に謁見した場所だそうです。

メスキータは幻想的で、素晴らしいの一言でした。世界最大規模を誇るモスクは幅130m、奥行き180mで一度に2万5千人の信者を収容出来るそうです。

馬蹄型の円柱が850本もあり、今まで見た事が無い作りで、イスラム教とキリスト教が混在した複雑な?独特の雰囲気を味わい、不思議な感覚になりました。

785年にキリスト教の聖堂があった場所に着工され、10世紀後半に完成し、1236年にキリスト教徒に再征服され、円柱をそのまま残し、真中の部分にカテドラルが作られたようです。

町の中には至るところにオレンジの木が植えてあり、オレンジがたくさんなっていました。

イスラム文化が色濃く残る街で今までヨーロッパでは感じた事のない不思議な1日を過ごしました。

posted by akoa at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | スペイン滞在日記