青木敦子の公式ホームページはこちら>>
イタリア料理教室隔月開催、申し込み随時受付中!

2009年01月31日

携帯が壊れた〜・・・

朝起きたら、携帯の電源が落ちていたので、
電池がなくなったせいかな??と思い、充電してみました。
でも、充電器にセットしてみても、ウンともスンとも言いません・・・
 
連絡を下さった方。ごめんなさい・・・
申し訳ありませんが、PCのメールの方に送って頂くか、自宅の方にご連絡下さい・・・
携帯に連絡先を入力しているので、色々な方の連絡先が解りません・・・
こうなってみると、アナログな事も侮れないですね。
これからは手帳にも連絡先を記入しておこうと反省した出来事でした。
 
買い換えたばかりなのに、どうして使えなくなってしまったのかしら??
取りあえず近所のショップに行ってみようと思いま〜す。
posted by akoa at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月30日

ECLORE

打ち合わせの後、築地にあるフレンチのお店に連れて行って頂きました。
  ? 1638.jpg  ? 1639.jpg
  タラバ蟹のキッシュ         牛ほほ肉の赤ワイン煮
  ? 1640.jpg
  デザートの盛合わせ
 
タラバ蟹のキッシュはタラバ蟹も沢山入っていて美味しかったですし、蟹味噌のソースととても良くあっていました。
牛ほほ肉の赤ワイン煮は物凄く柔らかく、噛まなくても、溶けていきました。
デザートは洋ナシのタルトとイチゴとヨーグルトのジェラートとホワイトチョコレートのムースでした。
紅茶と一緒に頂き、とても優雅なランチでした。
とても美味しく幸せな一時でした。
posted by akoa at 10:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き

九段下のお寿司屋さん

この前の日曜日、お友達と科学技術館でやっていたバーゲンに行ってきました。
10時〜1時間半ぐらい格闘し、その後、疲れたしおなかがすいたので、ご飯を食べに行きました。
日曜日って九段下の駅付近のお店ってほとんどお休みなんですね・・・。
交差点から一本細い道を入った所にあるお寿司屋さんがやっていたので、そこにしました。
○○元年創業と歴史があるお店なので、期待を胸にお店ののれんをくぐりました。
外にはお値段が出ていなかったけど、まっランチだからそんなにしないだろう。。。
と思い席に着きました。
お店の方はちょっと無愛想・・・。
最後まで笑顔をみることはありませんでした・・・
メニューをみたら、ランチは¥3000、¥4000、¥5000の3つだけ。
という事で¥3000のお寿司を注文しました。 
  ? 1635.jpg  ? 1636.jpg
  ? 1637.jpg 
これで2人分。しめて¥6000.
日曜日なので、市場がお休みなので・・・新鮮!!という感じでは残念ながらありませんでした・・・
酢飯に甘味がなく、凄くお酢と塩分が強くて、お醤油をつけるとしょっぱいので、お醤油がいりませんでした。
 
お寿司は値段が解らないですね・・・・
 
久しぶりに、残念だったなあ・・・と思えるランチでした。
posted by akoa at 10:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 食べ歩き

chef’sV

先日、お仕事が早く終わったので、急遽お友達と近所でランチをする事になりました。
イタリアから帰ってきてからバタバタしていたので、明るい日差しの中でゆっくりランチを食べたらなんだかそれまでの疲れが一気に吹き飛んでしまいました。
? 1632.jpg  ? 1633.jpg
お野菜のテリーヌ          鶏肉とキドニービーンズのトマトソース煮
これにコーヒーとパンが付いて¥1300でした。
お野菜は契約農家から取り寄せたもののようでした。
この頃、こだわり野菜を使っているお店が本当に多いなあと思います。
作った人の顔がわかると、お料理を作る人も、食べる人も心して作ったり、食べる事が出来るような気がするので、素材もきっと喜んでますね。
リーズナブルで美味しい物が食べれる事が一番だと思います。
時間が空いたら、美味しいお店の探索を心がけたいと思います。
 
 
posted by akoa at 09:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き

2009年01月26日

文部科学省・生涯学習

先週の金曜日、文部科学省の「生涯学習」と言う小冊子の表紙とインタビューページのお仕事をさせて頂きました。
本当に私なんかで良いのでしょうか??とちょっと申し訳ない気持ちになってしまいました。
インタビューが終わった後、「そうだ、新たな事に挑戦し続けていかなくちゃ」と前に進む覚悟を再確認出来たようなきがします。
 
忙しすぎると心を亡くすと言われていますが、本当だなあとつくづくこの頃感じます。
自分の中にインプットした情報をアウトプットするだけの日々が続くと、何となく飢餓状態になり、焦りが生じます。
でも、焦らず、無理せず、楽しみながら、目的を持ち、それに向かう事が大切なんだと自分に言い聞かせ、
今年は余裕を持って、楽しく新たな事に挑戦していこう!と1月も終わりに近づいた中で、心に誓いました。
 
 

posted by akoa at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

AneCan&エコリュクス

14日にイタリアから戻ってきてから14日〜16日までロケ、17日〜20日までは、お料理教室。
21日はAneCanのお仕事にフジテレビのエコリュクスと言う番組のロケが入り、AneCanの撮影後、エコリュクスの撮影がありました。
3月7日発売の4月号のAneCanでお料理の紹介をしています。
AneCanのホームページの方でも紙面上とは違った物をご紹介させて頂きますので、良かったらみてくださいね。
エコリュクスと言う番組は毎週土曜日の23時55分〜24時までの5分間やっている番組でエコライフを送る人達を毎回1人ずつ取り上げて紹介している番組です。
まだOA日が決まっていないので、決まったらまたご紹介させて頂きたいと思いま〜す。
 
posted by akoa at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年01月24日

a life

14日にイタリアから戻ってきてから、昨日まで怒涛のような日々を過していました。
今日と明日は束の間の休日。
と言ってもやらなくてはいけない事が山積みです。
久しぶりにまとめてブログを書いてみました。
思い出しながら書いているだけで、なんだか心が穏やかになり、リラックスできました。
でも、まるで遠い昔の事のようです。
 
話は変わって、年末に取材をして頂いた東海テレビの「a life」という番組のOAが明日だと言うご連絡を頂きました。
9時30分〜30分間のドキュメンタリー番組です。
東海地区しか写りませんが・・・
東海地区の方。
もし宜しければ・・・ご覧頂けると幸いです。
posted by akoa at 19:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

ミラノ・イタリア旅日記[

フィレンツェが9時台発のユーロスターでミラノに向かいました。
と言っても電車が遅れて・・・出発が30分くらい遅れてしまいました。
ま〜イタリアでは良くある事。仕方が無い・・・
それでも何とか、お昼前にミラノに到着しました。
一年ぶりのミラノですが、中央駅がメチャクチャ綺麗になっていて、というか近代的になっていてビックリしました。
中央駅のまん前にホテルを取っていたので、すぐにチェックインをしました。
持っていたカードが2枚ともカード詐欺にあって使えなくなってしまったので、ホテル代と思って現金を残していたのですが、なんと、予約時に登録したカードからすでに引き落としているので、ここにサインしてください。と言われ、ホテル代が自由に使えるようになりました!!
荷物を置いて、明るい気持ちで街に繰り出しました。
 
まずミラノでは、地下鉄で移動するのが便利なので、1日(24時間)フリーの切符を購入する事をお勧めします。24時間使えるので、お昼に買ったら、翌日のお昼まで使えます!!
 
まずはドゥオーモがある所まで行きました。

  ? 1598.jpg
地下から階段を上がって地上に出ると、ドーンと聳え立つドゥオーモ、

大聖堂。迫力があります。
ドゥオーモの中の絵や壁画も素敵ですが、ステンドグラスが素敵です。
ドゥオーモの左側には「リナシェンテ」という百貨店があります。
イタリアでは唯一の百貨店だと思います。
結構朝早くから(確か9時頃から)22時頃まで空いていると思います。
最上階は食材が売っていたり、レストランが入っています。ガラス張りになっているので、ドゥオーモを眺めながらお茶をしたり、お食事するの、中々よいかも知れません。
モッツァレッラバーのモッツァレッラも水牛で作った本格的なものをナポリから運んできているらしいので美味しいですよ。
色々な種類のチョコレートが売っているので、いつも買って帰ってきます。
私の大好きなAMEDEIもここで売っていて、いつもまとめ買い?大人買いしてきます。
 
今回はお金がないので・・・モンテナポレオーネ通り(ブランドのお店が軒を連ねている通りです)には行きませんでした。
(カードが使えなくて、かえって良かったのかも・・・)
 
昔、Lambrateと言う駅から1〜2分の所にあるマンションに住んでいた事があります。
その時隣駅のUdineと言う駅の近くにあるESSELUNGA(エッセルンガ)というスーパーにいつもお買い物に行っていました。
結構大きなスーパーなので、ミラノでスーパーに行ってみたい。という方はお勧めです。
凄く久しぶりだったので、楽しめました。
多分スーパーに3〜4時間くらいはいたのでは??
ポルチーニ、ブイヨン、お菓子、チーズ、ワイン、調味料、ブラッドオレンジジュース、キッチン雑貨などなど、色々と両手に持ちきれないほど買い込みました。
あ〜。スーパーは私にとって、アミューズメントパークです。
 
食後、本屋さんに行ってみました。
お店を閉めるので、出てください。と言われ時計をたら23時。
ここにも2〜3時間は居たのではないでしょうか??
欲しい本が沢山あったけど・・・2冊しか買えませんでした・・・
 
でも、お金が無くても十分堪能出来たミラノでの一日でした。
 
翌日は日本へ帰国する日で、14時35分発の飛行機だったので、11時にミラノ中央駅を出ました。
それまで少し時間があったので、ホテルで荷物を預かってもらい、2時間くらいお買い物に行きました。
中央駅から15分くらい歩いた所で市をやっているので、そこに行って見ました。
ホテルに戻って、荷物を持って、マルペンサ空港行きのバスに乗り込みました。
バスは中央駅の横から15〜20分間隔で出ていて、金額は7ユーロです。乗り込む前にバスの前で買えるので、事前に買っておく必要はありません。すぐ横の売店で買うと7・5ユーロするので、気をつけてくださいね。
 
空港に着いたら、1階に到着するので、エレベーターで3階まで上がります。
そこがチェックインカウンターになっています。
チケットを発券してもらったら、タックスフリーの手続きをしてもらわなければいけないのですが、物凄く込んでいます。1〜2時間は見ておいた方がいいですよ。
ただ、私はいつも、手荷物にしてしまって、スーツケースを預けて出国手続きを取った後、中で、手続きをしてもらいます。
本当はトランジットで乗り換えする人用なのですが・・・
誰も知らないので、超空いています。
今回もローマでお買い物した物が1つだけあったので、誰も並んでいない所で手続きを取り、その向い側で換金してもらいました。
是非、チャレンジしてみてください。
 
後ろ髪引かれる思いで、イタリアを後にしました。
 

十分充電したので、今年も精一杯頑張りたいと思います。
  

posted by akoa at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア

フィレンツェ&オリヴィエート・イタリア旅日記Z

レッチェ5日目。午前中は町中を観光し、ほんの少しお買い物をしました。
12時20分のユロースター(イタリアの新幹線のようなものです)でフィレンツェ目指して旅発ちました。
ローマ乗換えでローマ到着が18時。
ローマ18時22分発フィレンツェ19時55分着に乗るはずでしたが、ローマに向かう電車が遅れて、結局18時50分発20時27分着の電車に乗り、無事フィレンツェに到着しました。
翌日オリビエートに行くのなら、なにもフィレンツェに泊まらなくても・・・と言われそうですが・・・
フィレンツェに着くと「帰って来た」という気持ちになり、妙に安心して、心地良いのです。
ホテルに荷物を置いて、昔何度か食べに行った事がある、Armandoというお店に食べに行きました。伝統的なトスカーナ料理を出すお店で、コムナーレ劇場の近くで昔、よくパヴァロッティなども通っていたみたいです。
? 1576.jpg  ? 1577.jpg
パッパアルポモドーロ       トスカーナのハム類の盛り合わせとレバーペーストがのったブルスケッタ
? 1581.jpg
ピーチというパスタでチンギアーレ(いのししの肉)ミートソースです。
どれもなつかしい味。
夜遅かったので、メインは頼まず、Vino nobile di montepulcianoを飲みました。
 
翌日は9時代の電車でオリヴィエートに行きました。
ガイドブックが無いので・・・取り合えず行けば何とかなるだろう。。。と思い行って見ました。
駅に着いたら目の前にケーブルカー乗り場があり、ケーブルカーに乗って上まで行き、そこからバスでドゥオーモ広場まで行きました。
そこに観光案内所があったので、地図をもらい、帰りの電車まで散策しました。
小さい町なので、5時間あれば十分満喫出来るような気がします。
バスを降りて一番初めに目に飛び込んできたのは、素晴らしいロマネスク・ゴシック様式のドゥオーモでした。
  ? 1583.jpg  ? 1585.jpg
壮麗な彫刻やモザイクがファザードを彩り、お天気が良かったので、大理石がきらきらと輝き、本当に素晴らしい!!
綺麗〜!!の一言とため息がこぼれました。
ドゥオーモを見た瞬間、オリヴィエートに着て良かった。と思いました。 
教会の内部はステンドグラスもフレスコ画も素晴らしく、私の好きなフラアンジェリコの
壁画もありました。
  ? 1599.jpg  ? 1597.jpg
ドゥオーモ広場に面した時計台は歴史がありそうでした。
  ? 1587.jpg  ? 1604.jpg

確か右側の教会は、オリヴィエートで一番古い教会と書いてあったような・・・
  ? 1606.jpg  ? 1595.jpg
確か、市庁舎・・・アンティーク市をやっていました。右側は、レップブリカ広場に面した教会です。
  ? 1605.jpg  ? 1589.jpg
高台にあるので、とても眺めがよく、至る所に絶景ポイントがありました。
小さな小道も絵になる素敵な町でした。
  ? 1607.jpg  ? 1627.jpg
細い道を入ったお店でお昼を食べました。シンプルなトマトソースのパスタと仔牛のソテーとサラダと町の名前にもなっているオリヴィエートと言う名の白ワインとガス入りのお水とカップチーノを頼みました。
トマトソースのパスタが絶品!!!今まで食べたトマトソースのパスタの中で群を抜いて、一番美味しかったです。
オリヴィエートには洞窟や井戸が沢山あるし、1日2回、探検ツアーをやっているので、時間が合えば参加してみるのも面白いかもしれませんね。 
 
フィレンツェで20時に知り合いと待ち合わせだったので、それに間に合うように、オリヴィエートを後に電車に乗り込みました。
夜は、フィレンツェから車で20〜30分離れた少し郊外にあるとても美味しいレストランに連れて行ってもらいました。
4人で3本の赤ワインをあけました。
ワインもお料理も全て美味しくて最高でした〜わーい(嬉しい顔)
  ? 1609.jpg  ? 1610.jpg
  ? 1580.jpg  ? 1561.jpg
パスタも2種類ともとても美味しく、特に右側のアーティチョクのクリームソースは後引く美味しさで、自分でも似たような味を出すように研究してみようと思います。  
  ? 1630.jpg  ? 1629.jpg
コントルノの2種類も美味しく、特に左側のズッキーニのフリットは作り方を思わずお店の人に聞いてしまいました。
? 1628.jpg? 1611.jpg
ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナと2003年のブルネッロ最高です!!
ブルネッロが飲めるなんて〜。。。あ〜し・あ・わ・せハートたち(複数ハート)
  ? 1621.jpg  ? 1592.jpg
  ? 1590.jpg  ? 1593.jpg  
ドルチェも全て美味しかったです。
閉めにグラッパとエスプレッソを頂きました。
 
帰り道、イタリアのサッカーのナショナルチームの練習場の前で止まってもらい、ミーハーですが、入り口の所で写真を撮ってきました。
久しぶりにミケランジェロ広場に連れて行ってもらいました。
私の大好きな場所で、フィレンツェを一望し、フィレンツェに居るんだなあ。と実感しました。

短い滞在ですが、充実した2泊3日の旅でした。
 
 
 
 

posted by akoa at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア

アルベロベッロ・イタリア旅日記Y

4日目、お料理教室の後というか、合間に、世界遺産の1つであるアルベロベッロに車で連れて行ってもらいました。
レッチェから車で1時間くらいでしょうか??
標高415mの丘の上にあり、トゥルッリと呼ばれる白い壁に灰色の石?が積み上げられている円錐形の屋根をもつ建物がびっしりと立ち並んだかわいい町でした。
 
着いた頃は、16時を過ぎていて、お天気もあまり良くなかった事もあり、暗くなりかけていました。
南イタリアといえども、標高が高いので、やはりレッチェの町中とは違って、空気が冷たくとても寒かったです。
建物自体は冬は暖かく、夏は涼しいそうです。
旧市街地には約1000件のトゥルッリが、東側には約400のトゥルッリが立ち並んでいるそうです。
  ? 1559.jpg  ? 1560.jpg
台所を見せて頂きました。
  ? 1562.jpg  ? 1563.jpg  
お家の中にある井戸です。
  ? 1564.jpg
中庭にある井戸です。
建物の奥には、それぞれのお家にお庭があり、お花やハーブが植えてありました。
夏になるとここでパーティをするんだよ。と教えてくれました。 
知り合いは時々、アルベロベッロにも住んでいるので、町の人達と仲良く、トゥルッリの屋上にも上らせてもらいアルベルベッロの町を一望させてもらいました。
なんか、ポコポコ円錐形の物が出ていて「かわいい!!」と言う言葉が似合う町でした。
  ? 1558.jpg
協会もやはりアルベルベッロにふさわしい、トゥルッリのクーポラがかわいい珍しいファザードの協会でした。
前から行って見たかったアルベルベッロに来れて、感激です!!
有り難うございました黒ハート
 
posted by akoa at 14:43| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア

オリーブ農園&チーズ工場・イタリア旅日記X

お料理教室の後、2日目は知り合いに車でオリーブオイル農場に連れて行ってもらいました。
知り合いは社長とお友達だと言う事で、社長が搾油所から少し離れた農園のに連れて行ってくれて、農園と搾油所の中を案内してくれました。今年の絞りたてのオイルを瓶詰めした物とオリーブオイルを使って作った石鹸を頂きました。
  ? 1492.jpg  ? 1540.jpg
  ? 1543.jpg  ? 1544.jpg
  ? 1545.jpg  ? 1546.jpg
絞りたてのオイルはやはり味も香も強くてフレッシュで美味しいですねるんるん
 
3日目の夜は、レッチェに着いた当日、ホテルのオーナー夫婦が、私がお料理の仕事をしていると言ったら「お寿司は作れるか?」と聞かれたので、「作れますよ」と軽い気持ちで言ったら、急遽、ホームパーティをやる事になり、3日目は朝からオーナーの車で港まで一緒にお魚と野菜などを買いに行き、たまたまパーティ会場がアンナ先生のお宅の隣のマンションだったので、お料理教室の後、19時半からお邪魔して、カツオとか鯛とかロブスターとか墨烏賊とかボタン海老とかをさばいて、握りずしと巻き寿司、軍艦巻きなどを作りました。
他にもヒシコイワシで南蛮漬け、鶏の唐揚げ、お好み焼き、天麩羅、肉じゃが、お刺身を作りました。
9時にパーティがスタートし、1人で7人分を用意したので、大変でした。作り終わった後、私もテーブルに座って、シャンパンやデザートなど頂きました。
どうも凄いお金持ちの方らしく・・・あんな凄いお家ははじめてみました。
5歳くらいのとてもかわいい2人のお子さんとモデル?お人形のようにかわいい奥さん。
お家の中には2mくらいの大きなクリスマスツリー(2畳分くらいは軽くありました)があって、リビングとダイニングで40〜50畳?
お家の中にあるものはセンスの良い物ばかり・・・・
「スポンジはどこですか?」と聞いたら、「どこかしら?解らないは?」との事。
こんな生活があるんですね!!
結局ホテルに着いたのは1時過ぎ。倒れこむように爆睡しました。
 
4日目は朝8時に待ち合わせをしてメルカートに行きました。
先生と待ち合わせる前にちょっとショッピングをしましょう!!と知り合いが連れて行ってくれました。
撮影で使えそうなかわいいクロス類が沢山あったので、買ってきましたし、工場直売で、靴も安くてかわいいので思わず2足買ってしまいました。
先生と合流してお買い物をすませ、チーズを作っている所と昔ながらの製法でパンを作っているお店に連れて行ってもらい、作っている所を見学させて頂きました。
  ? 1550.jpg  ? 1551.jpg
とってもミルキーで、しかも程よい塩分で本当に美味しかったです。
今まで食べたモッツァレッラの中で一番美味しく、忘れられない味の1つになりました。
  ? 1553.jpg  ? 1552.jpg
  ? 1554.jpg
今でもこの昔ながらの製法で、薪?小枝?をくべて、石釜でパンを焼いているそうです。
どこかなつかしい味がしてとても美味しかったです。
posted by akoa at 13:50| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア

お料理教室・イタリア旅日記W

3日間、お料理教室に通いました。
と言っても急に無理にお願いしたので、マンツーマンで、先生のお宅に伺いました。
お料理教室の前に9時頃から市場にお買い物に行きました。
  ? 1466.jpg  ? 1626.jpg
  ? 1618.jpg  ? 1457.jpg
3日間のお料理内容は
(1日目)
1.Taleddra
2.Pure di fave con clocorielle e pane fritto
3.Orechiette con cima di rapa ammollicate
4.Mandorlata
  ? 1484.jpg  ? 1483.jpg 
  ? 1515.jpg  ? 1486.jpg
(2日目)
1.Mavatelli con cozze e faghioli
2.Sagne ncanullate con ricotta forte
3.Clceri r tria
4.Mustaccioli
  ? 1513.jpg  ? 1512.jpg
  ? 1510.jpg  ? 1517.jpg  
(3日目)
1.Polpo alla plgnata
2.Pizza barese
3.Focaccia di patate
4.Pasticciotto
  ? 1556.jpg  ? 1555.jpg
  ? 1524.jpg  ? 1536.jpg
 
お料理を作った後は、毎日小学生の息子さんと高校生の娘さんと旦那さんが戻ってくるのを待って、一緒にみんなでお昼ご飯を食べました。
 
ANNA先生。3日間有り難うございました。そして1日、パスタ生地の作り方を教えに来てくださったアンア先生のマンマ。ありがとうございました!!
     ? 1533.jpg   Image082.jpg
posted by akoa at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア

レッチェの見所・イタリア旅日記V

レッチェは左右の細い道の両側に豪壮なバロック様式の建物が建ちならび、商業都市として栄えた町です。
 
  ? 1569.jpg       ? 1565.jpg 
左側が細い路地の様子です。    「サントロンツォ広場」にそびえ立つ1本の柱は町の守護聖人であるサントロンツォの像が柱のてっぺんにあり、町を見守っているそうです。
  ? 1571.jpg  ? 1566.jpg
サントロンツォ広場の横には、ローマ時代の円形闘技場がありました。
レッツェに着いた当日は、この右側の部分一面にプレゼイピオが飾られ、ライトアップされていました。
その日はイタリアの休日で、クリスマスの最後の日だったので、夜の町には人が沢山あふれていて、最終日のライトアップを見ようと沢山の人だかりがあり、人を掻き分け、見学しました。
ローマ時代の遺跡なのに、保存状態が良く、感激しました。
  ? 1573.jpg       ? 1574.jpg
ドゥオーモです。中に入るととても広く、クーポラに描かれているフレスコ画が幻想的でとても素敵でした。 
ミラノやフィレンツェにあるドゥオーモに比べると迫力に欠けてしまいますが。。。
石灰岩の装飾がなんとも言えない味を出していて、とても素敵でした。
右側の写真の建物はドゥオーモ広場に面している神学校です。中庭にはバロック様式の見事な井戸がありました。
  ? 1567.jpg        ? 1568.jpg
サンタ・クローチェ聖堂です。一段と凄い装飾です。
細部にまで細かい細工が施されていて、ため息がでました。教会内の天井も珍しく、木製で出来ていて、金の淵がはめ込まれていて、イタリアでは、はじめてみた天井装飾でした。
 
石灰岩は天気や湿気によって色が変るそうなので、町中の見える景色も同じ建物でありながら、天候や時間によって雰囲気や建物の色が変り、不思議な感覚にみまわれました。
短期間の滞在でしたが、素敵な経験が出来ました。
 
 
posted by akoa at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア

レッチェ到着・イタリア旅日記U

ローマ14時発のユーロスターに乗って、一路、レッチェに向かいました。
乗り換え無しだったので、楽でしたが、レッチェ到着は20時頃。。。と座っているだけでも、6時間弱の長旅は流石に疲れました。
駅には、知り合いとお料理の先生が迎えに来てくれていました。
レッチェの場所はどこか?と言うと、イタリアのかかとの部分で、プーリア州にあるバロック様式の建物が建ちならぶ貝殻の形をした素敵な町です。
 
知り合いがB&Bを予約してくれました。
? 1613.jpg  ? 1612.jpg ? 1411.jpg

キッチン付きで、とてもかわいらしいお部屋で、こちらに4泊しました。
快適な4泊5日のB&B生活でした。


 

posted by akoa at 10:24| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア

2009年01月15日

ローマ・イタリア旅日記T

何回目のローマになるのでしょうか???
12年前、はじめてイタリアに足を踏み入れたのはローマでした。
その時みたローマが一番印象深く、1つ1つの建物に感激し、興奮したのを覚えています。
   ? 1413.jpg   ? 1441.jpg
今回は、ブラっとお散歩してみました。
やはりトレビの泉。月曜の早朝(8時頃)行ったらお掃除していて、水は抜かれていました。毎週月曜日の朝がお掃除の日だそうです。
願いをこめて、コインを肩越しに投げている様子を良く見受けます。
右側の写真はスペイン階段。
オードリーヘップバーンがローマの休日の中でジェラートを食べている場所です。
   ? 1444.jpg   ? 1404.jpg
ヴィットリオ・エマヌエーレU世記念堂はバースデーケーキとも呼ばれていて、ヴェネチア広場に面しています。中は博物館になっていて、確か、無料で入れますし、上からローマの町を見渡す事が出来るので、中々良いですよ!
右側の写真がサンタンジェロ城です。
中は博物館になっています。
バチカン宮殿の結構近くにあって、ルネサンス期にバチカンからの城壁の上に屋根が付いていて、通路になっていて、非常時、教皇が隠れたそうですよ。
 
   ? 1428.jpg   ? 1430.jpg
レッチェへの出発が14時だったので、それまで時間があるので、バチカン宮殿に行って見ました。
大きなプレゼイピオが建っていました。
その日はイタリアの休日で中では礼拝が行われていました。
   ? 1452.jpg   ? 1455.jpg
十字架の下に座っているのがちょっと小さいですが、ローマ法王です。。。
右側の門兵は中立国であるスイス人しかなれないと利いたことがあります。
 
その日はEpifaniaというイタリアの休日で、クリスマスの最後の日でした。
BEFANAのお祭りでもあり、バチカン宮殿からサンタンジェロ城を結ぶ道で中世の格好をした人達の行列、行進があり、まるで中世にタイムスリップしたような素敵な体験をする事が出来ました。
 
   ? 1414.jpg   ? 1416.jpg
   ? 1405.jpg   ? 1426.jpg
        ? 1418.jpg   ? 1424.jpg
posted by akoa at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア

帰国しました

1月4日〜14日までイタリアに行ってきました。
ここ12年、1年に1〜2回のペースでイタリアに行っているのですが、飛行機がこんなにすいていたのははじめてでした。
行きも帰りも隣は誰も座っていないので、3席独占して、ゆったり快適な旅でした。
前後3列ぐらい誰もいなくて・・・45席に1人くらいの割合で人が座っていました・・・
アリタリア航空とJALの合同便。大丈夫かな〜・・・と心配になってしまいます。
 
今回はハプニング続出の旅でした。 
まず4日にローマに到着。
ローマテルミニ駅から徒歩1分のホテルを予約しました。
イタリアは例年に比べてとても寒く、おまけに風邪を引いていたので、部屋に入った途端
暖房が壊れていて、作動していない事に気がつき、お部屋を変えてもらいました。
倍の広さはある、大きなお部屋に変えてもらえてちょっと感激でした黒ハート
2泊するので、はじめのお部屋の暖房が壊れていてくれた事い感謝でするんるん
 
今回はガイドブックを持って行くのを忘れてしまい、何も頼りになる物がありませんでした・・・
ま、勝手知ったる国なので、何とかなりましたが。。。
 
イタリアでは列車が遅れる事は当り前。
定刻通りに着く方が珍しいという不思議な国です。
今回もレッチェという町からフィレンツェに移動する日、ローマ乗換えだったのですが、やはり到着時間が30分遅れてしまい、乗るはずだったフィレンツェ行きには乗る事が出来ず、再度チケット売り場に並んで変更してもらい、無事フィレンツェに到着しました。
チケット売り場の人にも乗り換え時間は1時間は見ておかなくちゃね。なんて言われて悪ぶる様子もありません。
 
今回は、本当にまいりました・・・・
キャッシュカードは使えないし・・・
途中、持って行ったクレジットカードが2枚とも使えなくなってしまったのです・・・
 
キャッシュカードは最近CITY BANKを使っていなかったので、入金するのを忘れていたので、口座にお金がないので引き落とせなかった事に気がついたのですが・・・
FIRENZEに付いた日まで使えていたカードが突然使えなくなってしまったのです・・・。
 
問い合わせてみた所、なんと2枚とも偽造されて、イギリスとフランスで使われていて、おかしいと思ったクレジット会社が止めてくれたみたいで、そのせい?おかげ?でクレジットカードが使えなくなってしまったの
です・・・。
ありえない・・・がく〜(落胆した顔)
聞いたことはありましたが、まさかこんな事が実際に起こるとは・・・信じられませんでした。
日本にいる時も、普段ほとんどクレジットカードでお買い物をしているので、カードのない不安感というか恐怖感は想像以上のものでした。
幸い、日本円を持っていたので、フィレンツェの知り合いに沢山両替えしてもらったし、ミラノのホテルはすでにカードで引き落としになっていたので、なんとかなりました。
ただ、最終日、ミラノでお買い物の日にしていたので、あまり買えず、ウインドーショッピングを楽しみました。。。
 
ミラノのホテルも最悪で、ミラノ中央駅から徒歩1分のホテルだったのですが、私のお部屋は7階で、お昼頃ホテルに到着して荷物を置いて外に出た時は何でもなかったのですが、夜、ホテルに着いてみると、『エレベーターが壊れちゃったから歩いて上り下りしてね』との事。
『良くあるのよ〜明日の朝までなおるといいわね〜』って・・・
悪ぶれる様子もなく、当り前のように、笑ってるって・・・
日本人の感覚ではちょっと考えられないですね・・・
翌日のチェクアウトまでなおっていたので良かったですが・・・
朝食の時は2階まで降りて、上ってと一苦労。
ま、お陰でいい運動になりました。
こんな珍道中でしたが、それ以上に沢山楽しい事があり、楽しい思い出を胸に、無事帰国してきました。
イタリアに行く度に、日本ってなんて綺麗で便利な国なんだろう。と思います。
24時間空いているスーパーやコンビニがあって、イタリアでは考えられないですね。
便利な生活に慣れてしまうと、それがあたりまえになって、ちょっとした事に不自由さを感じます。
郷に入っては郷に従え。と言いますが、回数を重ねるごとに、イタリアに行った時はその不自由さを楽しむ余裕が出てきました。
次はどんなハプニングがあるのかな?
今から次回のイタリアがとても楽しみです。
posted by akoa at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イタリア

2009年01月02日

リストランテASO

昨年末の話になってしまうのですが、私の会社の忘年会は代官山にあるイタリアンの「Ristrante ASO」でやりました。
? 1390.jpg  ? 1391.jpg
風邪をひいていたので、珍しくお酒はやめ、有名な?トマトジュースを頂きました。トマトジュースの手前にあるのは自家製バターで、フワフワでとてもクリーミーでした。
Antipastoは魚介類の冷製スープでした。
? 1392.jpg  ? 1393.jpg
フォアグラのテリーヌでその上にはミルクのスプーマ?がのっていました。
パスタはイカのラグーソースのパスタで、半分食べた後、左奥にある柚子ゼリーを加えて混ぜ合わせて頂きました。
? 1394.jpg  ? 1395.jpg
ピザ生地に包まれた牛肉の赤ワイン煮が入ってました。
? 1396.jpg  ? 1397.jpg
お口直しのシャーベット
ドルチェは栗のフォンダン、キャラメルアイス添えでした。
? 1398.jpg
花瓶の中にはお花と一緒にプチデザートとフルーツが刺さっているんですよ〜。
さすが。
ミシュランで2ツ星だけあって、色々な演出があります。
 
ずーっと忙しくて、みんなゆっくりときちんとご飯を食べる時間も取れなかったので、こんなにゆっくりお食事したのは何時以来だろう??という事になり、たまにはこのような優雅な時間も必要だなあ。。。と痛感しました。
また、今年も仕事が一日入っていない日にのんびり、ゆったり優雅な気分でお食事を食べに行きましょう。 
 
 
 
posted by akoa at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き

新年明けましておめでとうございます。

2009年。
新しい年になりましたね〜。
東京は元旦から晴天で、元日には日の出もしっかり見れたようで、
なんだか今年は素敵な一年になりそうです。
 
昨年末は、最後の最後に風邪をひいてしまい、3日くらい、39度台の熱にうなされ大変でした。
疲れ果てていて体力がなくなっていたせいでしょうか?
前からのどは痛かったのですが、仕事納めした日の夜から、熱が出て、咳が止まらず・・・
やっと今日辺りから、普通の生活が出来そうです。
 
と言う訳で。。。
今年の年賀状は昨日、出させて頂きました・・・・
皆さま、遅くなって申し訳ありません・・・
 
やはり、何を差し置いても、健康が一番ですね。
今年は、無理をせず、余裕がある生活を送り、自分磨き・お勉強にも努めながら、新たな事に挑戦したいと思います。
今年は、四季毎にのんびり旅行に行きたいなあ。
本もたくさん読みたいし。。。
やりたい事がいっぱいです。
 
明後日からイタリアなので、早く風邪を治して、イタリア旅行満喫してこようと思います。
今回ははじめてのプーリア地方への旅なので、とても楽しみです。
 
 
posted by akoa at 10:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記